Case 不動産成功事例・ノウハウ

【不動産会社700社の実績】SEO対策で1位を獲得する方法

中小企業や地方企業のブランド戦略とデジタルマーケティングを専門とするブランディングテクノロジー。当社は、住宅業界をはじめ幅広い業界で集客支援を行っており、中でも不動産業界においては創業20年で700社以上の実績があります。

近年、SEO(検索エンジン最適化)の重要性は、不動産業界においても増しています。「集客を増やしたい」「より多くの顧客に自社の存在を知ってもらいたい」という場合、SEOの深い理解と効果的な戦略立案が必須となるでしょう。ブランディングテクノロジーでは、これまで培ってきた専門知識をもとに、SEOの重要性と対策方法を、より深い理解につながるよう提供します。

本記事では、不動産業界に特化したSEO対策に焦点を当て、具体的な方法を解説します。

不動産会社のWebサイト構築ノウハウです。サイト改善に活用ください!!

こちらの資料に含まれているもの

  • 売却獲得についての基礎情報
  • 集客手法比較
  • ホームページが最適な理由
お役立ち資料をダウンロード

SEOとは?

SEOとは、「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略を指します。ホームページを検索エンジンの検索結果ページ上位に表示させるための一連の技術は、「SEO」と認識して良いでしょう。

SEO強化により可能になることは、以下の通りです。

  • 自社のホームページをより見つけやすくすること
  • アクセス数を増やし、ホームページからの問い合わせを増加させること

SEOのトレンド

検索エンジンは日々進化を遂げており、ユーザーの求める情報をより正確に把握できるツールとなっています。検索結果に正確な情報を反映・提供する能力が高まったことで、今では検索結果だけでユーザーのニーズを解決することもできます。今や検索エンジンは「検索結果を提供する」だけのものではないのです。

検索エンジンが進化を遂げる中、SEOのトレンドはどう変化しているのでしょうか? 例えば、過去のSEO対策では以下のような内部・外部施策ともにテクニカルなものが最重視されていました。

  • ホームページ構造の最適化
  • 外部からのリンクを増やす
SEOのトレンド_不動産会社700社の実績】SEO対策で1位を獲得する方法

現在はユーザーの検索意図を深く理解し、その意図に応じたコンテンツ制作が重視されています。

不動産購入を検討しているユーザーの場合、検索する意図には「不動産会社の選び方」「家を建てるタイミング」などが挙げられるため、それに応えるようなコンテンツをホームページ上で提供することが重要となるでしょう。重視されるコンテンツは、以下の通りです。

手順を知りたい人向け
  • 具体的な流れ
  • 必要な工程

などを詳しく説明した記事

費用を知りたい人向け
  • 具体的な金額
  • 費用が変動する理由

などを詳しく説明した記事

このように現在のSEOには、ユーザーが欲しい情報、求めている情報が入手できるコンテンツが求められます。

また、検索エンジンは人間的な思考回路で分析・検討する特性があります。そのため、ユーザーが求めている情報を提供できているホームページを高く評価する傾向にあるのです。SEO対策を行ううえでは、技術的な知識とともに、ユーザーの思考を理解する視点を持つことが重要と言えるでしょう。

SEO対策の流れ

SEO対策を進めるにあたり、実際の手順を紹介します。

1.狙うキーワードの選定

SEO対策を始める際は、以下のようなキーワードの選定が求められます。

  • 自社の業界に関するキーワード
  • 自社が提供する商品・サービスに関するキーワード由

不動産会社なら「不動産屋」「不動産売買」「不動産売却」などのキーワードが挙げられます。

特定のニーズを満たすには、ユーザーが検索に用いる可能性があるキーワードを考慮することも重要です。例えば、「おすすめの不動産会社」や「高価買取をしてくれる不動産」などのフレーズが該当するでしょう。これらは、特定の状況やニーズに基づいた検索に対応したキーワードです。

キーワードを選定するポイントは、「問い合わせにつながりやすいキーワードかどうか」という点です。不動産会社は、特定のエリアを商圏としてビジネスを展開している場合が多く「家を高く売る方法」のように商圏エリア外のユーザーも検索するキーワードで上位ヒットを狙う施策は、なるべく避けましょう。上位ヒットできたとしても問い合わせにつながる確率が低いからです。

狙うべきは、自社の商圏に該当するエリア名を含むキーワードです。

  • 不動産会社+エリア名
  • 不動産売買+エリア名
  • 不動産売却+エリア名

ここまで、エリア名を含めたキーワード設定を紹介してきました。では、なぜ地域名を含むキーワードがこれほど重要視されるのでしょうか? その理由は、ユーザーが不動産購入を検討する際は、自分が住んでいるエリアでサービスを提供している会社を探すことが多いからです。

また、具体的なエリア名を検索キーワードに入れているユーザーは、すでに購入を検討しており、どこに依頼するかを調査している傾向にあります。

つまり、以上のようなキーワードで検索するユーザーは購買意欲を持つ“質の高い”訪問者であり、ホームページへの問い合わせや契約に至りやすいと考えられるのです。

こうした事情から、不動産会社がホームページのSEO対策を行う際には、自社のサービス内容とエリア名を組み合わせたキーワード選定が重要と言えるでしょう。該当キーワードに対するコンテンツを充実させ、ユーザーにとって有用で信頼できる情報を提供してみてください。そうすれば、問い合わせや契約につながる可能性が高まるでしょう。

キーワードを選定する際に抑えるべきポイントは、以下の通りです。

2.戦略の立案

次のフェーズでは、選択したキーワードをもとに「どうやって上位表示させるか」の戦略を立てていきます。ここでは、検索するユーザーが求めているものを読み解き、その要求に合致したコンテンツ案を用意することが重要です。

コンテンツ案が用意できたら、各コンテンツに優先順位を付けましょう。そして、どのタイミングでリリースするかまで計画を立てていきます。

3.実施

SEO対策は、一度手を打ってもすぐに効果が現れるものではありません。特に、ホームページの構造を変更したり、新たなコンテンツを大量に追加したりした場合は、その効果が出るまでに多少の時間はかかるでしょう。

多くの場合、SEO対策の効果が現れ始めるのは、開始後3ヶ月から半年程度です。ただし、これはあくまで目安と考えてください。ホームページの規模や競合状況、施策の内容によっても状況は変わってくるでしょう。一定期間経過しても効果が見られない場合、施策の見直しを検討してみてください。「戦略を実施する」「結果を見守る」というフェーズでは、ある程度の忍耐が必要となるでしょう。

4.分析と改善

最終段階では、施策の結果をしっかり分析し、そのデータをもとに次に向けた改善策を検討します。これは非常に重要なステップです。適切なツールを使って定量的に評価するよう心掛けましょう。

具体的な数字やデータを見ると、以下のような状況を把握できます。

  • 自社のホームページが検索エンジン上でどの程度の位置にランキングされているか
  • 訪問者がどれだけの時間をサイトで過ごしているか
  • どの程度の頻度で望ましいアクションを起こしているか

より詳細な分析には、Google Analytics(※1)やGoogle Search Console(※2)などのツールを活用します。これにより、ホームページのトラフィックやユーザーの行動、検索エンジンからの流入状況など、詳しい分析ができるでしょう。

これらのデータには、貴重な情報が含まれています。

  • 検索ユーザーがどのキーワードでサイトを見つけてきたか
  • どのページが最も閲覧されているか
  • どのページから訪問者がサイトを離れていくか

詳細な分析結果から、ホームページの内容や構造、キーワード戦略などに改善が必要だと判断したら、次の施策に反映させます。

さらに、ここで得たデータを定期的にチェックすることで、SEO対策の効果を継続的に監視し、必要に応じて調整することも可能です。データに基づいた分析と改善を繰り返すことで、ホームページの検索エンジン対策を最適な状態に保てるでしょう。

※1 Google Analytics……Googleが提供する無料のWeb解析ツール。ホームページの状況を詳しく分析できる。具体的には、訪問者の数(ユーザー数)、ページビュー数、訪問者がどのページをどれくらいの時間見ていたか、訪問者がどのような経路(検索エンジン、他のサイトのリンクなど)でサイトに辿り着いたか、などの情報を収集・分析できる。

※2 Google Search Console……Googleが提供する無料のサービス。ホームページの管理者は、自身のサイトがGoogle検索結果にどのように表示されるかを分析できる。

不動産会社が取り組むべきSEO施策4選

ここまで、実際にSEOを運用する手順を紹介してきました。ここからは、不動産会社がSEOで実施すべき施策4選をお伝えします。

1.コンテンツマーケティング

SEO対策においては「コンテンツマーケティング」が重要な役割を担っています。有益で関連性の高いコンテンツは、検索エンジンによって高く評価・ランク付けされているからです。

では、コンテンツマーケティングはどう始めればよいのでしょうか? 最初のステップとしては、「自社のホームページに関連するキーワード選定」が挙げられます。具体的なキーワードとしては、以下が挙げられるでしょう。

  • おすすめの間取り
  • 失敗しない不動産物件選びのポイント
  • 不動産を高く売る方法 など

ユーザーが検索する可能性のあるフレーズを、探してみてください。

キーワード選定が終わったら、コンテンツ作成のフェーズに移ります。このとき、「ユーザーが何を知りたいと思っているのか」「どんな情報を求めているのか」を理解したうえで進めることが大切です。上記で紹介したキーワードを含みながら、なおかつ質の高いコンテンツを目指しましょう。

この過程で求められるのは、検索意図を反映したコンテンツ作成です。動画を活用したり、事例写真などユーザーが気になる情報を盛り込んだりすれば、より読みやすく魅力的になるでしょう。

新鮮な情報を定期的に提供することも大切です。検索エンジンは新しい情報を好みます。ブログ記事やニュースを頻繁に更新し、検索エンジンからの評価を上げましょう。

ユーザーにとって有益で、理解しやすい形でコンテンツを提示することも重要です。作成時は以下のポイントを押さえてみてください。

  • 明瞭な文章を心掛ける
  • 見出しや箇条書き、画像などを用い、情報を整理する

理解しやすいコンテンツにすることで、ユーザーは「もっと詳しく調べたい!」と考えるようになります。その結果、サイト内を深く掘り下げていくことが期待できるでしょう。これにより「サイトの滞在時間」が延び、SEOにとってもプラスとなるはずです。

コンテンツマーケティング_不動産会社700社の実績】SEO対策で1位を獲得する方法

2.SEO内部施策

SEO対策を実施する際は、SEO内部施策も積極的に見直しましょう。内部施策の改良を通しホームページ自体を改良することで、検索エンジンから適切に評価されやすくなります。その結果、より多くのユーザーに見つけてもらえやすくなるでしょう。

内部施策を構成する要素の中で特に大切なのが、Webページの内容を端的に示す「タイトルタグ」です。これは、ユーザーが検索結果を見たときにそのページの内容を理解するための重要な手がかりとなります。

検索エンジンの検索結果で上位表示させるためには、タイトルタグに適切なキーワードを盛り込むことも意識しましょう。

次に重要なのが、メタディスクリプションです。これはWebページの内容を要約したもので、検索エンジンの結果ページに表示されます。この部分がユーザーにとって興味深いものであれば、クリックしてページを訪れる可能性が高まるでしょう。だからこそ、慎重にキーワードを選び、魅力的な説明を書くことが求められるのです。

また、URL構造(※3)や内部リンキング(※4)も重要な施策と言えます。これらはホームページの使いやすさを向上させるもので、検索エンジンにとってもホームページを理解しやすくする役割を持っています。

例えば、URLが理解しやすいものであれば、何のページなのかをユーザーは直感的に理解できます。同じく内部リンキングにより、ユーザーは関連する情報へと簡単に遷移でき、それがユーザー体験の向上につながります。

今回紹介した施策を実施することで、検索エンジンから高く評価されやすくなるでしょう。その結果、検索順位も上がりやすくなるはずです。

※3 URL構造……Webページのアドレスを形成する各要素やその配置方法。良好なURL構造は、ユーザーと検索エンジンにとってホームページの内容を理解するのに役立つ

※4 内部リンキング……あるホームページ内の異なるページ間で作成されるハイパーリンクのこと。あるページから同じドメイン内の別のページへのリンクを作成することを指す。

SEO内部施策_不動産会社700社の実績】SEO対策で1位を獲得する方法

3.SEO外部施策

SEO外部施策は、ホームページ以外の場所で行うSEO対策を指します。これらは自社のホームページの権威性を高め、検索エンジンの評価を上げる役割があります。

その役割の1つが、バックリンクの取得です。バックリンクとは、他のホームページから自社のホームページへつながるリンクを指します。これが多ければ多いほど、自社のホームページの権威性が高いと見なされ、検索エンジンからの評価が高まるのです。「他のホームページが自社のホームページを信頼している証拠」とも言い換えられるでしょう。リンクを貼ってもらうための高品質なコンテンツの提供や、パートナーシップの形成など、さまざまな方法でバックリンクは取得できます。

ソーシャルメディアの活用も重要な外部施策の1つです。X(旧Twitter)やFacebook、Instagramなどのソーシャルメディアを通じて、自社のコンテンツを積極的に共有してみましょう。これにより、多くの人々に自社のホームページを知ってもらえるはずです。

また、自社のブランドやサービスについて認知を広めると同時に、ホームページへのトラフィック(訪問者数)の増加を期待できます。ターゲットとなるユーザーがどのソーシャルメディアを利用しているかを理解し、それに合わせたコンテンツを投稿するなど、ソーシャルメディアを効果的に活用しましょう。

前述の通り、SEOの外部施策は自社のホームページ以外の領域で行います。そのため、紹介した施策を実施することで一度に結果が出るわけではありません。ただし、継続的に取り組むことで非常に効果的な手段となるでしょう。

4.MEO対策

MEO対策は「Map Engine Optimization」の略語です。より具体的には、地図上の検索エンジンで表示順位を上昇させるための取り組みを指します。この施策は、不動産会社のように地域に密接に関わる業種にとって特に重要です。

例えば、家族や親戚などで経営する地元に根付いた街の不動産会社などは、その地域に住んでいるユーザーからの問い合わせが多く、それがビジネスの大部分を形成しています。そのため、地図上での情報の表示や、地域を対象にした検索結果の最適化が非常に重要なのです。

また、ビジネスの所在地を見つけたり、自分の地域での店舗やサービスを検索したりするとき多くの人に利用されるGoogleマップのような地図サービスで高い位置に表示されることは、ビジネスにとって大きな利益となると考えられます。

MEO対策の具体的な手段としては、以下の通りです。

  • Googleビジネスプロフィールへの登録
  • 情報の正確性の保持
  • レビューへの適切な対応
  • 情報の定期的な更新など

これらのアクションを実行すれば、地図検索エンジンでの表示順位を引き上げられるでしょう。結果として、より多くの人々に認知を広げ、ホームページへの流入増加を実現できるはずです。



MEO対策_不動産会社700社の実績】SEO対策で1位を獲得する方法

3.SEO外部施策

弊社のお客様から5社の成功事例をご紹介いたします。ぜひ最後までご覧いただけたら幸いです。

1.株式会社松けん不動産

株式会社松けん不動産
SEO順位状況(※2024年1月現在)

「不動産売買 今治市」3位
「今治市 不動産売買」3位
「不動産売却 今治市」1位
「今治市 不動産売却」1位
「不動産買取 今治市」1位
「今治市 不動産買取」1位
「不動産査定 今治市」1位
「今治市 不動産査定」1位

URL http://www.matsukenfudousan.com/
会社名 株式会社 松けん不動産
エリア 愛媛県今治市
インタビュー記事 https://www.branding-t.co.jp/case/realestate/5211/

2.株式会社サカタ

株式会社サカタ
SEO順位状況(※2024年1月現在)

「不動産売却 松江市」1位
「松江市 不動産売却」1位
「不動産買取 松江市」2位
「松江市 不動産買取」2位
「不動産査定 松江市」1位
「松江市 不動産査定」1位
「土地売却 松江市」1位
「松江市 土地売却」2位

URL https://www.sakata-baikyaku.com/
会社名 株式会社 サカタ
エリア 島根県松江市
インタビュー記事 https://www.branding-t.co.jp/case/realestate/5108/

3.株式会社ウェーブハウス

株式会社ウェーブハウス

弊社のお客様から2社の成功事例をご紹介いたします。ぜひ最後までご覧いただけたら幸いです。

h5 SEO順位状況(※2024年1月現在)

「不動産売却 岡山市」2位
「岡山市 不動産売却」2位
「不動産買取 岡山市」1位
「岡山市 不動産買取」1位
「不動産査定 松江市」3位
「岡山市 不動産査定」4位
「マンション買取 岡山市」2位
「岡山市 マンション買取」1位

URL https://www.baikyakuoh.com/
会社名 株式会社 ウェーブハウス
エリア 岡山県岡山市
インタビュー記事 https://www.branding-t.co.jp/case/realestate/10133/

4.だんらん住宅株式会社

だんらん住宅株式会社
SEO順位状況(※2024年1月現在)

「不動産売却 大阪市」1位
「大阪市 不動産売却」2位
「不動産査定 大阪市」2位
「大阪市 不動産査定」2位
「家売る 大阪市」1位
「大阪市 家売る」4位

URL https://www.danran-j.jp/
会社名 だんらん住宅 株式会社
エリア 大阪府大阪市
インタビュー記事  https://www.branding-t.co.jp/case/realestate/13232/

5.株式会社神領不動産

株式会社神領不動産
SEO順位状況(※2024年1月現在)

「不動産売却 春日井市」1位
「春日井市 不動産売却」1位
「不動産買取 春日井市」1位
「春日井市 不動産買取」1位
「不動産査定 春日井市」3位
「春日井市 不動産査定」3位
「不動産相続 春日井市」5位
「春日井市 不動産相続」4位

URL https://www.jinryoufudousan.co.jp/
会社名 株式会社 神領不動産
エリア 愛知県春日井市
インタビュー記事 https://www.branding-t.co.jp/case/realestate/10105/

まとめ

SEO対策に取り組んでいる不動産会社は少なくありません。注意したいのは、競争の激化を受け、検索順位の上位表示が難しくなっている点です。上位表示を目指すためには、内部施策、外部施策、コンテンツマーケティング、MEO対策など、すべての要素にバランス良く取り組むことが求められるでしょう。こうした取り組みは、成果を出すための重要なステップとなるはずです。今回お伝えした内容を1つでも多く取り入れていただき、SEO対策を実施していただけたらと思います。

ブランディングテクノロジーでは、これからも不動産業界に特化した、お役に立ち情報を発信していきます。これらの情報を活用して、皆様の事業がさらに発展し、今後も我々の発信する情報を参考にしていただければ幸いです。

無料相談・お問い合わせ 

関連情報

関連資料ダウンロード

Contact Us 各種お問い合わせ

お困りのことがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。( 会社案内資料はこちら )

game slot88 terbaru dan terpercaya Slot Gacor Hari Ini Slot88 Online Slot Online server gacor jackpot gacor slot online