Case 建築・工務店業界事例・ノウハウ

  • Home
  • 業界事例・ノウハウ
  • 工務店ホームページ制作の集客改善ポイント~施主900人アンケートをもとにした選ばれる住宅会社とは~

工務店ホームページ制作の集客改善ポイント~施主900人アンケートをもとにした選ばれる住宅会社とは~

工務店ホームページ制作の集客改善ポイント~施主900人アンケートをもとにした選ばれる住宅会社とは~

当社は中小・地方企業様向けのブランド構築やデジタルマーケティングをメインとした集客支援を行っております。その中でも、建築業界をはじめ不動産、医療、製造業などの各業界ごとの集客勝ちパターンを体系化し、業界特有の課題を解決するためのノウハウ開発を行っております。

本記事では、注文住宅をメインとした新築事業を行っているビルダー・工務店向けに「ホームぺージ」に関する施主アンケート調査と、そこから見えてきたホームぺージ制作における集客効率を上げるための改善例をご紹介します。本アンケートは、1200社以上の建築業界のホームページ制作実績の当社が持つ、仮説が立証する結果となりましたので、集客にお悩みの工務店様の改善例としてお役立て頂けましたら幸いです。また、本アンケートをもとにした【中小工務店向け】個別相談会を倍増させるための動画・ホームページの活用方法もダウンロードいただけますので、ぜひご活用ください。

注文住宅施主アンケートからみえたホームページ改善アクション

調査概要

【アンケートタイトル】注文住宅購入における意識調査
【調査方法】インターネットリサーチ
【ユーザー条件】注文住宅の選定・購入経験がある(有効回答:912件)
【ユーザー比率】家を建てた会社 …大手ハウスメーカー(51%)、工務店・設計事務所など(49%)

アンケートサマリー

  • 住宅会社選びで最初に起こす行動は「直接訪問」
  • ホームページで知りたい内容は「どのような住宅か」と「信用できる会社か」
  • 工務店のホームぺージで最も知りたいのは「費用相場」

住宅会社選びで最初に起こす行動は「直接訪問」

注文住宅を建てる会社を選ぶ過程で、検討している会社を見つけた場合、約80%が最初に「直接訪問」すると回答しました。カタログなどの「資料請求」は13%にとどまり、モデルハウス見学や見学会、勉強会、相談会など具体的な行動に起こす方が多い結果となりました。

住宅会社選びで最初に起こした行動_工務店ホームページ制作の集客改善ポイント~施主900人アンケートをもとにした選ばれる住宅会社とは~
ホームページの問い合わせポイントは「直接会うイベントを具体的に」

住宅会社のホームページまでたどり着くユーザーはある程度家を建てるモチベーションが高いため、自社ホームページからの集客は引き上げ難易度の高い「資料請求」ではなく、「直接会うこと(モデルハウス、相談会等)への誘導」が成約率向上とリードタイム短縮のために必要であると言えるでしょう。

また、その際のお問い合わせ誘導バナーは、クリック率向上のためにより具体的なデザインにしましょう。開催日時や無料であることなど、基本的なメッセージを記載することが大切だということが改めて分かりました。

84%が「B」のバナーの方が申し込みたいと回答

84%が「B」のバナーの方が申し込みたいと回答

ホームページで知りたい内容は「どのような住宅か」と「信用できる会社か」

注文住宅を建てる会社のホームページを見る理由は、どのような住宅か(デザイン、性能、コスト)と、信用できる会社かの大きく2軸が回答の上位を占める結果となりました。家づくりを検討してからどのフェーズで何回目にホームページを見るかにもよりますが、事実、当社運営の工務店ホームページのアクセスデータを見ても、初めてホームぺージを見る方も2回目以降見る方も、この2軸のコンテンツ閲覧が多いです。

住宅会社のホームページで知りたい内容_工務店ホームページ制作の集客改善ポイント~施主900人アンケートをもとにした選ばれる住宅会社とは~

「商品」と「会社」のコンセプトメッセージは分ける

前述の通り、住宅会社のホームぺージまで見るユーザーはある程度検討度合いが高く、どのような家か(商品)に興味を持ち、どのような会社か(信用獲得や不安解消)を確認する傾向があります。そのため、商品と会社の訴求ポイント(伝えたいコンセプトやブランドイメージ)はそれぞれ分け、ホームページ内のページも分けることで、見ている人にとって知りたい内容が知れるサイトとなりえます。逆に言うと、商品コンセプトだけ伝わっても、会社のコンセプトが伝わらないと、検討度合いが引きあがらない可能性もあります。商品と会社のコンセプトメッセージが混在していないか、今一度確認してみましょう。

工務店のホームぺージで最も知りたいのは「費用相場」

建てた会社の種類別に、最も知りたいホームぺージの内容を調査したところ、上位3位が入れ替わる結果となりました。4位以下は「会社の信用」に関わる内容(※下記スライド緑部分)を知りたいというのは共通ですが、それぞれの施主の属性からか、知りたいニーズにばらつきがあることが伺えます。

住宅会社のホームページで最も知りたい内容_工務店ホームページ制作の集客改善ポイント~施主900人アンケートをもとにした選ばれる住宅会社とは~

来場メリットが伝わる相談会集客ページを作成する

とはいえ、工務店のホームぺージで費用相場を掲載することは、施主様のプライバシーの手前、難しいこともあるかと思います。そのため、個別相談会で費用相場や資金計画の相談ができることを相談会集客ページに明記しましょう。

また、下図のように見学会を除いた家づくり相談会で知りたい内容を調査したところ、人により不安な点は違いさまざまな理由があることが分かりました。相談会の集客用ページでは、費用相場の相談以外にもさまざまな悩みが解決できる来場メリットを明記することで、予約率の向上がさらに期待できます。(当日相談できる内容、所要時間と流れ、相談会の日時と場所の雰囲気、スタッフ紹介、会社の特徴など知りたい内容を網羅した内容)自社の相談会ページがニーズを満たされるものになっているか、さらには相談会予約フォームだけになっていないか、改めて見直してみましょう。

家づくり相談会で知りたい内容_工務店ホームページ制作の集客改善ポイント~施主900人アンケートをもとにした選ばれる住宅会社とは~

工務店ホームぺージ制作における集客改善ポイントまとめ

【中小工務店向け】個別相談会を倍増させるための動画・ホームページの活用方法

今回の施主900人のアンケートと、9,200件のホームページ制作実績ノウハウから導き出した、注文住宅を手掛ける工務店・ビルダー向けのホームぺージ・動画活用ノウハウ資料を無料でダウンロードいただけます。自社のホームぺージから相談会予約を増やすために、成功事例を基に解説しておりますので、一例としてご参考になれば幸いです。

【中小工務店向け】個別相談会を倍増させるための動画・ホームページの活用方法

資料の詳細はこちら

工務店ホームぺージ制作における集客改善ポイントまとめ

上記アンケートを基にした、改善アクションのまとめです。自社のホームページ制作において課題がある方は、改善の参考にしていただけましたら幸いです。

  • ホームページの問い合わせポイントは「資料請求」ではなく「直接会うイベント」にする
  • 商品と自社のコンセプトを分けた方が施主にとって「知りたい内容が知れるサイト」になる
  • 相談会予約ページは入力フォームだけでなく、当日得られる内容を詳細に記載する

工務店向けホームページ制作改善事例ご紹介セミナー

創業5年で年間50棟を達成したお客様事例をご紹介するセミナーを開催します。より具体的なホームページ制作方法や、成約率向上のための取り組みをご紹介します!(受付終了)

地方50棟越えビルダーが語る!効率よく年間棟数を増やすために行うべきデジタルシフト〜ブランディング・マーケティング・仕組み化〜

無料相談・お問い合わせ

最後までお読みいただきありがとうございます。
貴社のご状況に合わせて最適なご提案をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

当社サービスへのお見積り・ご相談 

お電話でのお問い合わせ(受付時間 平日10:00~18:00)
tel:03-5457-1311