Case 不動産業界事例・ノウハウ

  • Home
  • 業界事例・ノウハウ
  • 売主集客のために優先して作成すべき動画と活用法~中小不動産会社向け動画マーケティング基礎編~

売主集客のために優先して作成すべき動画と活用法~中小不動産会社向け動画マーケティング基礎編~

売主集客のために優先して作成すべき動画と活用法~中小不動産会社向け動画マーケティング基礎編~

一口に「動画」といっても目的や制作方法、訴求内容と拡散方法により成果は変わってきます。つまり、予算や手間がそこまでかけられない中小企業だからこそ、動画マーケットの全体像を理解し、制作する動画の用途や目的を知った上で、自社にとって優先して作成すべき動画を検討する必要があります。

本記事では、不動産の査定依頼を獲得するために中小不動産会社が優先して取り組むべき動画の活用方法をご紹介します。まだ動画を持っていない、制作したが活用できていない方は、本記事が参考になりましたら幸いです。

このような方におすすめの記事です

  • 査定依頼獲得のためにこれから動画を活用した集客を行いたい
  • 動画マーケティング・集客につながる施策を探している
  • 動画は作成したことはあるが、効果がなく活用できていない

不動産業界における動画活用の重要性

不動産業界の「動画マーケティング」とは

「動画マーケティング」とは、動画を活用した企業の集客活動やブランディングのためのマーケティング活動全般を指します。スマートフォンの普及に伴い、不動産業界においては、物件紹介やオンライン見学など、マーケティング手法として取り入れる企業が増え着目されている施策の一つです。昨今のデジタルシフトも追い風となり、集客活動のためのサービス紹介動画や企業のブランディング動画、web広告のための動画CMなど、さまざまな場面で動画が活用されています。

売却事業における動画活用のメリット

では、なぜここまで不動産業界で動画活用が主流になったのでしょうか。基本的な動画のメリットとしては、画像や文字情報に比べて2倍以上記憶の残りやすいということがありますが、中小不動産会社の売却事業における集客活動を目的とした場合の動画活用のメリットとして、大きく次の2点があげられます。

会社の信用性を
伝えやすい
数ある不動産会社の中から選ばれるためには、短時間で会社の特長や信頼性を伝えることが重要です。特に売却においては依頼する会社の手腕で成約が左右されるため、動画は実績やスタッフの経験・人柄を伝えるのに有効な手段です。
営業コストを
削減できる
物件を売却される多くの方は、初めての経験のため不動産の知識がありません。そのため、事前に基礎知識を動画で説明しておくことで、説明コストの削減にもつながります。人手の少ない中小不動産会社ならではの、押さえておくべき営業ツールの一つです。

中小不動産会社こそ動画を活用すべき理由

以前当社が行った「2500人のアンケートから解った~中小不動産会社向け売却獲得の勝ちパターン~」の調査から下記の内容が分かりました。

売却依頼先の不動産会社の選び方サマリー
  • 不動産会社を選んだ決め手は「担当者の人柄」と「査定金額」が同率1位
  • 50%が信用できる会社か企業のホームぺージを確認する
  • 89%が会社知名度や高く売れる可能性よりも、確実に売れる不動産会社を求めている

以上の結果から、中小不動産会社が売主から選ばれるためには、如何に信用を勝ち取ることができるかが重要か分かりました。そのための手段として、動画は会社の特長や実績(信用性)を伝えることに有効な営業ツールであるため、当社では動画を集客活動に取り入れることをおすすめしています。記事の後半では、より具体的に動画で信用性を訴求するための方法をご紹介します。

少ない営業接点でいかに「信用獲得」できるかが勝負

そもそも物件売却を検討し始めた売主と、不動産会社との接点は限られています。一括査定サイト、自社ホームぺージ、チラシ、看板など、集客のために発信できる「面」はそう多くはありません。その限られた「面」の中で訴求する方法や広告の種類を工夫し、他社と競っていかなければなりません。

そこで活用できるのが動画です。webページやチラシなどの静止画だけでは伝えきれない情報を、動画であれば数秒で何万字ものメッセージとビジュアル・サウンドで伝えることができます。また、スタッフインタビューなど動画内で接客風景や雰囲気をリアルに伝えることができるため、好印象を持ってもらうことができれば、問い合わせや商談の決め手を後押しできるかもしれません。

「不動産業界における動画活用の重要性」まとめ
  • 不動産業界の動画マーケティングの需要は増えている
  • 売主に選ばれるためには「信用獲得」が重要
  • 少ない営業接点で信用度を高めるためには「動画」が有効

中小不動産会社が優先して作成すべき動画と活用法

次に、売主集客のために必ず押さえるべき動画の活用方法を、ポイントを絞ってご紹介します。

中小不動産は「信用獲得」のための「売主向け動画」を持つ

  • 会社のサービス全体の紹介動画ではなく、売主目線に特化した売却専門動画を作成する
  • 短時間で優位性を理解してもらうために、売却事業以外の紹介は行わない
  • 初めて動画制作をする場合、優先度の高い「今すぐ層」向けに「信用獲得」のための動画を作成する
優先度別おすすめ動画テーマ

売主の売却検討フェーズごとに見せるべき動画テーマは変わります。自社にとってどのフェーズの売主を増やし、引き上げるべきなのか考慮し、作成すべき動画を見定めましょう。

優先度 ★★ ★★★
売主の検討フェーズ 売却ニーズ未発生 売却手法の検討 最終的な会社選定
動画の目的 情報啓もう 追客・引き上げ 会社の信用獲得
動画テーマ 売却メリット 高く売るコツ 会社紹介・スタッフ紹介

「動画広告+営業ツール」として動画を活用する

  • 動画を制作して終わりではなく、動画を拡散させる施策もセットで行う
  • 査定依頼を1件獲得するためには、動画視聴回数3,000~10,000回以上必要
  • 広告の無駄打ちにならないよう、エリア×ターゲット属性を絞って動画広告を配信する
  • 動画広告以外にも商談過程で活用することで、信頼を勝ち取り見込み角度を上げる
動画を拡散させるためのマーケティング施策例

下記は営業活動の中で動画が活用できる場面を、成約フェーズごとに図解化にしたものです。どのような広告施策を行えばいいかお悩みの方が多いかと思いますので、詳しくは個別相談会にてご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

売主向け動画が活用できる営業接点

当社サービスへのお見積り・ご相談 

「中小不動産会社が優先して作成すべき動画と活用法」まとめ
  • 最初に制作するなら「信用獲得」のための「売主向け動画」
  • どのフェーズの売主を集客したいかで、作成すべき動画テーマが変わる
  • 動画を拡散させるためのマーケティング施策も並行して行う

売主向けパターン別動画制作事例

当社は3,000件以上の動画制作実績があります。その制作ノウハウを活かし、次から編集パターン別の動画制作事例と、動画構成に入れるべきポイントをご紹介します。

最低限押さえるべき信頼獲得のための動画構成ポイント

  • 「高く買います!」ではなく売主目線のメリットを掲載する
  • 売買実績件数以外に、顧客満足度など客観的に見て分かりやすい実績を掲載する
  • 会社のコンセプト、提案のこだわりや強みなど他社との違いを明確にする
  • 大手不動産会社とは違った地域密着型不動産ならではの信頼を訴求する
  • 接客風景など担当者の雰囲気を伝え、来店促進や商談での「自分売り」をする

売主向け専用の動画制作事例

大阪市内の不動産会社様を例に、動画制作の事例をご紹介します。どちらも信用獲得のための動画を制作させていただき、査定獲得のために営業活用されています。
お客様インタビュー事例:「査定サイト×自社サイト×追客の仕組み」で売却を安定的に獲得!超激戦区・大阪市エリアで成果が出せる理由とは

インタビューによる「人の信頼」を訴求

来店イメージが沸くような接客風景や、スタッフの方のお人柄を伝えるためのインタビュー動画です。

第三者視点で「会社の信頼」を訴求

「エリアお客様満足度NO.1」など、客観的に見て分かりやすい会社の実績を視覚的に盛り込んでいます。

売主集客のための動画マーケティングサービス

当社では、中小・地方不動産様の集客支援を行っています。商圏エリア内での査定依頼を増やしていきたい方向けに、動画制作から集客のための広告施策などがご提供可能です。上記以外の動画制作パターンとして、アニメーションやインフォグラフィック動画、インタラクティブ動画など、マーケティング目的に合わせた構成・撮影・編集技術をご提案しています。

動画を作ったけど集客活用できていない、これから動画をつくりたいが何から手を付けていいか分からない、などお悩みの方向けには、貴社に合わせた動画マーケティングプランをご提案させていただきます。言葉だけでは説明が難しい表現や、「自社らしさ」をわかりやすく伝えたい方は、お気軽にお問い合わせください。

当社サービスへのお見積り・ご相談 

お電話でのお問い合わせ(受付時間 平日10:00~18:00)
tel:03-5457-1311