Case 不動産業界事例・ノウハウ

  • Home
  • 業界事例・ノウハウ
  • 売却依頼を増やしたい不動産会社向け「一括査定サイト」の効果を引き上げるポイント~おすすめ査定サイト6…

売却依頼を増やしたい不動産会社向け「一括査定サイト」の効果を引き上げるポイント~おすすめ査定サイト6選付き!~

このような方におすすめの記事です

  • 売主からの査定依頼数を増やしたい
  • どの査定サイトに登録したらいいか分からない
  • 登録している査定サイトの成約率・費用対効果が悪い

一括査定サイトとは?不動産会社向け基本情報

一括査定サイトの仕組み

不動産売却一括査定サイトはその名の通り、売主が個別で各社に問い合わせる手間を省くために、複数の不動産会社に一括で査定を依頼できるサイトのことです。売却を行っている不動産会社であれば特に、ほとんどの方がご存じかと思いますが、売主が査定サイト内で売りたい物件の基礎情報(住所・築年数など)を入力し、複数の不動産会社に査定依頼が届くという仕組みです。

不動産一括査定サイトの仕組み

掲載料金

売主は無料で利用することができますが、不動産会社が査定サイトに掲載してもらうには料金が発生します。ほとんどの査定サイトは成果報酬型で1件の査定依頼を獲得するごとに1万円前後の費用が発生する仕組みです。

100件の査定依頼を受信して約100万円支払ったとしても、のちに成約まで結びついて、それ以上の利益が出れば良いですが、自社の成約率・営業力が問われる仕組みになっております。ただ、問い合わせがないと費用も発生しないため、成果が出ないものに費用を払いたくない!という方にはおすすめの媒体です。

一括査定サイトを使う売主の心理

不動産の売主は、「転勤が決まったからマンションを売りたい」「子どもが増えたから大きい戸建てに引っ越したい」など、不動産の売却に対してさまざまな課題や悩みを抱えています。他にも「土地・ビル一室・アパート一棟」などを売却される売主もいます。

売主の最大のニーズは「高く売りたい」であり、その次に「自分にあったタイミングで売りたい」と思っています。「転勤があるので今すぐ売りたい」という方もいれば、「相続で実家を売るのにはまだ心の準備が…」という方もいます。

さまざまなニーズや理由があるにせよ、不動産売却に精通している売主はほぼいません。むしろ、「どうやって自分のニーズに応えてくれる不動産会社を選べばいいか分からない」と思っている売主がほとんどです。そのため、知人に売却に関する伝手のない売主は、査定金額や営業マンとの相性などを考え、自分の不動産(マンションや家)の売却を依頼する不動産会社を選べばいい訳ですから、一度に多くの不動産会社と接触でき、査定依頼をできる便利なツールなのです。

ただ、不動産会社からすると、受け取った査定依頼から1件でも多くの商談を獲得し、成約まで運び掲載料の元を取る必要があります。そのため、本記事にて一括査定サイトの効果を引き上げるためコツをご紹介できればと思います。

中小不動産会社が一括査定サイトに登録するメリット

今や不動産売却の定番となりつつある不動産売却一括査定サイトですが、不動産会社にとってはどんなメリットがあるのでしょうか。もしくは登録する必要のない不動産会社もいるのでしょうか。改めて当社見解の元、解説していきます。

査定サイトの運営会社側が集客してくれる

不動産売却市場はインターネット上でも広告費が高騰しており、いち不動産会社が多額の予算をかけても集客の効率的な費用対効果がつくれないのが実情です。

なおかつ、その市場をWebマーケティングに精通している企業が、日々広告運用を行い、売主の呼び込みと査定依頼をしやすいサイトになるよう改善努力をしています。

営業マンが複数いたり、客付けだけでなく両手の仲介や土地・相続物件の買取を行っていきたい場合は査定サイトの登録が必須です。今最も売り情報が取れる媒体は、間違いなく不動産売却一括査定サイトと言えるでしょう。

売主の情報を獲得することができる

査定サイトを利用する方は、今すぐ売りたいと考える売主だけではありません。「とりあえず金額を知りたいだけ」という方もいます。いずれにせよ、売却を考えている売主が不動産売却一括査定サイトを利用することで、売主の情報を獲得することはできます。

「実際に営業をかけみても成約につながらない」という意見もありますが、一つ確実に言えるのは「その地域の物件を保有している売主の情報を得られる」ということです。いわゆる「今すぐ顧客」でなくとも、いずれ顧客化する可能性は十分にありえるので、中長期的にしっかりとコミュニケーションを図っていきましょう。

査定サイトを活用する必要ない不動産会社もある

ここまでメリットをお伝えしてきましたが、もちろん査定サイトに向かない不動産会社もあります。「数ではなく歩留まりよく効率的に集客していきたい」「賃貸管理で収益は安定しているので、売買にそこまで投資する必要のない」と考える不動産会社には査定サイトは向いていません。

上記のメリットを踏まえつつ、実際に成果を出せる不動産会社の共通項を見ていきましょう。

査定サイトの効果を引き上げる3つのポイント

査定依頼がきてから30分以内に連絡をする

当社調査では、初回電話が10分以内の会社は、平均成約率20%以上であることが分かりました。

不動産売却の成約に関しては、査定サイトからの問い合わせ後、1秒でも早く問い合わせる企業の仕組みづくりや、営業マンのマインドが大切です。

多くの不動産会社様は、一次対応の速度が重要であることをご認識いただいているため、中には社内体制の問題から一次対応を最初からアウトソーシングする会社もあるほどです。それほど一次対応が重要性であり成果に結びつくということでもあるので、改めて一次対応の重要性をお伝えします。

初回電話が10分以内の会社は、平均成約率20%以上
参照元:当社調査アンケート「2500人のアンケートから解った~中小不動産会社向け売却獲得の勝ちパターン~

エリアに精通した営業担当が一次対応を行う

とはいえ、いくら一次対応の速度が速かったとしても、そのエリアの不動産事情を理解していない営業マンでは効果が半減してしまいます。過去の実績や相場、学区を踏まえたエリアの相場などを精通した営業マンが対応することで、会社への信頼度は上がります。一次対応の速度が重要なのは当然ですが、問い合わせエリアに精通した営業を、一次対応担当に置くことが重要です。

もし自社内でこのような対応が難しい場合は、営業を代行してくれる業者に依頼してみるも一つの手段です。

エリアに精通した営業担当が一次対応を行う

自社で「売主向け専門サイト」を作り信用を勝ち取る

査定サイトで売主との接点が増えたとしても、当社調査では検討が進むにあたり査定金額だけではなく会社の信用や担当者の人柄で選ばれる傾向があることがわかりました。今やホームページを持っている不動産会社様が多いかと思いますが、そのほとんどが物件売却をしたい売主には必要のない情報もある「総合サイト」になってしまっています。

では何故わざわざ「売主向け専門サイト」を作る必要があるのか、社長一人で自社の売却用ホームページからの成約率70%、純利益120%増加できた事例とあわせて、その必要性を解説している資料を下記よりダウンロードできます。

不動産売却依頼を増やすためのホームページとは?

無料資料ダウンロードこちら

おすすめ査定サイト6選

数多くある不動産売却の一括査定サイト(ポータルサイト)の中でも、特におすすめしたいサイトを6つ選びました。ぜひ登録のご参考にしてみてください。※2019年当社調べ

一括査定サイト名 運営会社 不動産会社数 利用者数
リビンマッチ リビン・テクノロジーズ株式会社 1400社 440万人以上
LIFULL HOME’S 株式会社LIFULL 1700社 478万人以上
イエウール 株式会社Speee 1700社 1000万人以上
イエイ セカイエ株式会社 1700社 400万人以上
HOME4U 株式会社NTTデータ・スマートソーシング 1300社
マンション.navi マンションリサーチ株式会社 900社
リビンマッチ
リビンマッチ
不動産会社のメリット 投資用物件、ビル、店舗、工場、倉庫など幅広い査定内容に対応。
査定サイトの特徴 運営元は上場企業なので信頼性が高く、2006年からサービス開始しているのでノウハウが豊富。また、全国的にカバーしているので、地方の不動産会社でも安心して登録することができる。
URL https://www.lvnmatch.jp/
LIFULL HOME’S
LIFULL HOME’S
不動産会社のメリット 不動産会社情報を入力するテンプレートの項目が細かく分かれているため、自社の情報を詳細に伝えやすい。
査定サイトの特徴 2008年からサービスを開始していて歴史が長く、域密着系の不動産会社が多くて地方に強いのも特長。
URL https://www.homes.co.jp/satei/
イエウール
イエウール
不動産会社のメリット 利用者数が多い分、地方ユーザーも多いため地方密着型不動産会社でも活用できる。
査定サイトの特徴 利用者数1,000万人以上と、たくさんの売主から選ばれている。一戸建て・マンション、都市部・地方を問わず、どの物件・どのエリアでも強いので、さまざまな不動産会社でも安心して登録することができる。
URL https://ieul.jp/
イエイ
イエイ
不動産会社のメリット マンション、戸建だけでなく、店舗、農地など幅広い査定依頼に対応可能。
査定サイトの特徴 全国的にカバーしている。また、2007年からサービスを開始している古株なので、ノウハウをたくさん持っている。
イエローカード制度を導入して悪徳業者の排除に力を入れているので、不動産会社側にも正当な取引が求められる。
URL https://sell.yeay.jp/
HOME4U
home4U
不動産会社のメリット 日本初の不動産売却査定サイトなので、伝統と信頼性が高い。
査定サイトの特徴 2001年にサービス開始と歴史が一番長く、NTTグループが運営しているので安心感・信頼感が抜群。また、全国展開しているので地方の不動産会社でも安心できる。
URL https://www.home4u.jp/
マンション.navi
マンションnavi
不動産会社のメリット マンション売却査定は6社まで、賃貸査定なら3社まで査定可能。
査定サイトの特徴 マンションに特化しているのが最大の特長。またマンションなら、日本全国に対応しているので、地方の不動産会社でも安心できる。
URL https://t23m-navi.jp/
何社登録するのがベストか

上記以外にも査定サイトは存在しておりますので、合計何サイト登録するのがいいのかご質問いただくことがあります。もちろん正解はありませんが、査定サイトをうまく活用できている不動産会社様に聞くと、2~3サイト登録しているという会社が多いようです。自社に合った査定サイトを見つけるために複数の媒体を試し、色々効果検証を行った結果、最終的に2~3サイトに落ち着くという傾向のようです。

極端に多く登録してしまうと管理が煩雑になるため、一度に並行して登録する数としては、これくらいの数が適正でしょう。

査定サイトと自社の「売主向け専門サイト」は並行して活用する

ここまで不動産売却の一括査定サイトの特徴やメリットを述べてきました。ただし、査定サイトだけに頼り切るのではなく、自社のWebサイトも充実させることで、相乗効果が発揮します。

査定サイトと自社サイトではメリットや特徴が異なるため、双方を補うようなイメージで活用することをおすすめします。不動産会社の定石として、「不動産売却一括査定サイトの登録+自社Webサイトの充実」の組み合わせが、「勝ちパターン」と言えるでしょう。

査定サイトと自社サイトの違い

無料相談・お問い合わせ

最後までお読みいただきありがとうございます。
本記事はあくまでも当社見解の元作成しておりますが、査定サイトにこれから登録する不動産会社様はもちろん、現在の営業フローの見直しをしたい方などのご参考になれば幸いです。

査定サイトに限らず査定依頼を獲得していきたい方は、貴社のご状況に合わせて最適なご提案をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

無料相談・お問い合わせ 

お電話でのお問い合わせ(受付時間 平日10:00~18:00)
tel:03-6455-3110