News 新着情報

  • Home
  • 新着情報
  • ブランディングテクノロジー、クリエイターに適正条件の仕事を 紹介するプラットフォーム「hitch+」をロー…

2019年9月11日

ブランディングテクノロジー、クリエイターに適正条件の仕事を紹介するプラットフォーム「hitch+」をローンチ

ハイスキルのフリーランスクリエイターと適正条件の仕事をマッチング

ブランディングテクノロジー株式会社(代表取締役社長:木村 裕紀、本社:東京都渋谷区、証券コード:7067、以下当社)は、専門性を持つフリーランスクリエイターに特化した仕事マッチングプラットフォーム「hitch+(ヒッチ プラス)」をローンチしました。

ライター特化型から幅広いクリエイターの支援へ対象を拡大

当社は、フリーランスの経済規模が大きく拡大した2016年に「“いい仕事がほしいライター”と“いいライターに書いてもらいたい企業”をつなぐプラットフォーム」をコンセプトに、専門性のあるライターに特化した「hitch(ヒッチ:筆致)」をローンチ。その後、フリーランス人口の増加や働き方の多様化を背景に登録会員数及び取引額を順調に伸ばしてきました。

今回は「hitch+」として登録できるクリエイターの対象を拡大。ライターだけに留まらず、デザイナーやフォトグラファー、動画クリエイター、YouTuber(ユーチューバー)、翻訳者、ナレーター、エンジニア、サウンドクリエイター、テープライター(反訳者)など、コンテンツマーケティング全般の領域で価値を発揮できる、幅広いジャンルのクリエイターの支援を開始しました。

今回のリニューアルを契機に、専門性を持ちながらも適正条件の仕事と巡り合えない多くのクリエイターの悩みを解決し、その実力を継続的に発揮できる機会を積極的に提供して参ります。また同時に、コンテンツマーケティングや広告クリエイティブ、Web制作、ブランド構築といった、クリエイターの介入によって課題を解決したい企業様には、hitch+の会員クリエイターを活用したマーケティングソリューションを提供して参ります。

hitch+オフィシャルサイトはこちら:https://www.hitch-club.jp/

フリーランスのクリエイターのさまざまな課題を解決

「コンペなど競争にさらされる」「スキルと報酬が見合わない」「本業以外の雑務が多すぎる」「継続的な取引が少ない」「苦手なこともやらなければならない」「クライアントとの交渉が大変」など、フリーランスのクリエイターを取り巻く環境は決して恵まれているとは言えません。私たちは、クリエイターのポテンシャルを見抜き、実績やスキルを適正に評価し、市場にあった報酬を提供することで、世の中のクリエイターがその実力を継続的に発揮できるよう支援します。

同じクリエイターが在籍しているから仕事が進めやすい

当社は15年以上にわたりコンテンツマーケティングをはじめ、Web制作や動画制作、記事ライティングといったクリエイティブ関連サービスを提供しており、社内にクリエイターが多数在籍しています。同じクリエイターの視点でスキルや実績、レベル感、強み・弱み、ポテンシャルなどを適正に判断でき、また制作を進めるにあたってどういった情報がどのくらい必要なのかを理解しているため仕事が進めやすいと好評です。

登録希望者とのリアルコミュニケーションで特性を把握

業務委託基本契約締結の前に、原則としてご登録いただくクリエイターと面談(電話やビデオ面談の場合もあり)を実施しています。リアルなコミュニケーションを図ることでクリエイターの人間性やコミュニケーション能力、希望・要望を正確に把握し、適正なプロジェクトにアサインします。

多様な働き方で眠らせているスキルを生かしたい人を支援

過去に専門職に就いていたもののスキル生かせていない方、海外在住で活動時間帯が日本と異なる方、子育て中で多くの時間を仕事に割けない方、仕事する時間が不規則でなかなかよい仕事に巡り合えない方など、さまざまな方が活躍できるプラットフォームです。

クリエイターと企業をつなぐ仲介役ではなく「当事者」

hitch+で紹介する仕事のほとんどは、当社のブランド事業(コンテンツマーケティングサービスや動画制作、メディア運用サービスなど)のプロジェクトやタスク。当社のプランナーやディレクターが担当しているクライアントであるため、プロジェクト要件やクライアントのニーズ、レベル感、市場感を当事者として詳細に把握しています。高い目利き力でプロジェクトチームに相応しいクリエイターをアサインすることが可能です。

【今後の取り組み】

「ライターや編集者以外のクリエイター会員の増加」「継続的に受発注を行うアクティブなクリエイター比率の向上」「取引額の拡大」「hitch+利用企業の顧客満足度の向上」「クリエイターへの報酬額アップ」といった重点課題に取り組み、世の中のクリエイターがその実力を継続的に発揮できる機会を増やして参ります。

なお、本件が業績に与える影響につきましては現段階で軽微であると判断しておりますが、今後業績に影響を与えることが判明した場合には、速やかに公表いたします。

<hitch+ 基本情報(2019年8月31日現在)>

登録者数:312名
登録者内訳:
ライター・編集者72%
デザイナー・イラストレーター8%
インフルエンサー6%
ナレーター・声優5%
フォトグラファー4%
翻訳家2%
専門家・監修1%
コーダー・エンジニア1%
動画クリエイター1%

経験年数
11年以上19%
3年以上5年未満19%
1年以上3年未満23%
1年未満19%
※より詳細な情報はオフィシャルサイトをご覧ください
https://www.hitch-club.jp/

<本件に関するお問い合わせ先>
ブランディングテクノロジー株式会社 執行役員 マーケティングソリューション本部長 松岡 雄司
TEL:03-5457-3938
MAIL:info@hitch-club.jp

<ブランディングテクノロジー株式会社について>
—会社概要—
社名:ブランディングテクノロジー株式会社
設立日:2001年8月
資本金:156百万円
代表取締役社長:木村 裕紀
本社:〒150-0036 東京都渋谷区南平台町15-13帝都渋谷ビル4F・5F
公式サイト:https://www.branding-t.co.jp/

公式サイトIRページ:https://www.branding-t.co.jp/ir/

Contact Us 各種お問い合わせ

お困りのことがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。
各サービスに関しての資料請求も承っております。