Management Report健康経営への取り組み

心身の健康を支える「ウェルビーイング 健康経営」を推進

ウェルビーイング(心身の幸福)を推進し、働きがいのある職場環境を創るために、スタッフの健康を経営的な視点でとらえ戦略的に実践していきます。スタッフが心身ともに健康で、グループ各社、各スタッフのブランドを研鑽できる環境創りがグループの発展に繋がると考えています。

健康経営の推進体制について

健康経営に関する取り組み内容

ブランディングテクノロジーでは、以下3つのテーマを柱として各種施策を継続的に実施しています。

1.健康意識の向上(健康リテラシーの向上)

  • 健康診断 (受診率目標100%、受診勧奨の徹底)
  • 再検査、要治療者への勧奨
    健康診断実施後、二次検査が必要なスタッフに対して受診勧奨をおこなう。
  • インフルエンザ予防接種の実施
    全スタッフを対象にインフルエンザ予防接種を全額会社負担で実施しております。
    また手洗い・うがいの感染予防の周知や消毒薬の設置も行っております。
  • 健康セミナーの実施
    全スタッフを対象とした食事、睡眠、運動をテーマとした研修を開催。
  • 産業医への健康相談
    健康診断の結果を基に希望者を対象に生活習慣・食事・禁煙等の指導や長時間労働者への面談を実施しております。
  • 健康増進のための啓発活動
    健康経営を軸として、生活習慣病などの啓発活動をおこなっております。

2.メンタルヘルス対応の強化

  • ストレスチェックの実施(受検率目標100%)
  • メンタルヘルスケアに関する研修の実施
    全社員へのメンタルヘルスセルフケア、ストレスコーピング研修、役職者にはラインケア研修を実施。
  • 社内外の相談窓口の導入。
    総務人事課に相談窓口と外部相談窓口を設置。
    新入社員は入社時、その他スタッフについては新年度に周知。

3.働きやすくやりがいのある職場づくり

  • 女性の健康維持に向けた取り組み
  • 長時間労働の抑制(時間外労働 目標20時間/月)
  • 有給休暇取得推奨(有給取得率目標70%)
    ※厚生労働省より令和7年までに有給取得率を70%とすることが目標に掲げられています。
  • 時差出勤、時短勤務、在宅勤務の推奨
  • コミュニケーションスペースの設置

実施結果

実施 2020年度 2021年度 2022年度 目標
健診受診率 87.9% 95.9% 85.3% 100%
ストレスチェック受検率 86.6% 89.9% 91.4% 100%
労働時間の状況(平均年間残業時間) 25時間 24時間 20時間 20時間
有給取得状況 67.1% 73.3% 84.8% 70%

※目標数値の設定については、スタッフが健康にいきいきと活躍できることを目指すため健康診断の結果や勤怠情報を基に現実可能な目標値を設定しております。

外部からの評価

2023.3 健康経営優良法人(大規模法人部門)に認定されました。

game slot88 terbaru dan terpercaya Slot Gacor Hari Ini Slot88 Online Slot Online server gacor jackpot gacor slot online