Case 業界事例

  • Home
  • 業界事例・ノウハウ
  • デジタルマーケティングからコンサルティングまで、「ともに成長するパートナー」として支援してくれる

デジタルマーケティングからコンサルティングまで、「ともに成長するパートナー」として支援してくれる

マーケティンググループ デジタルマーケティングチーム 平井 和希様(以下、敬称略)
※取材時は全員が消毒・検温を実施し、マスクの着用を徹底しております。
※写真撮影時のみ、マスクを外しております。

株式会社 ネットプロテクションズ
ブランドサイト:https://corp.netprotections.com/
(以下サービスサイト)
NP掛け払い:https://np-kakebarai.com/
NP後払い:https://www.netprotections.com/
atone:https://atone.be/

ネットプロテクションズ様の概要とマーケティンググループの役割

前例のないことに挑戦してきた

平井当社は「つぎのアタリマエをつくる」をミッションに掲げ、2002年にリスク保証型の後払い決済サービスをスタートさせました。
当時、リスク保証型のサービスは前例がなく、「絶対に失敗する」と言われました。でも、今ではBtoC通販向けの「NP後払い」、BtoCサービス向けの「NP後払いair」、BtoC向け会員制カードレス決済の「atone」、BtoB向けの「NP掛け払い」などのサービスを展開し、法人様・個人様を問わず、多くのお客様にご利用いただいています。

お金の流れは、国や経済にとっての血液の循環みたいなもの。循環がスムーズでないと、身体にさまざまなトラブルを引き起こしかねませんよね。
スムーズでフラットなサービスを目指し、日本初のリスク保証型であること以外にも、与信精度の高さや安定性、柔軟性を大切にしています。

マーケティンググループでは、「社会やお客様、ユーザー様とのスムーズなコミュニケーション設計」をテーマに、各サービスのグロースのためにリサーチやプロモーションなどを行っています。

私はその中でも、主に「NP掛け払い」のリードジェネレーションからナーチャリングまでの戦略設計から実行までを担当しています。

「NP掛け払い」のマーケティング推進ポイントと課題

成長戦略のデザインの設計に集中したかった

平井「NP掛け払い」では、下記のポイントをベースに推進しています。

「NP掛け払い」のマーケティング推進ポイント

  1. BtoBというビジネスモデル全てが営業対象であり、市場が広いため特定のターゲットに絞って営業活動を注力する
  2. 決済事業という特性上、ステークホルダーが多くリードタイムが長い。できるだけ温度感の高いリードをセールスに連携できるようにする
  3. 広告運用は外部パートナーに依頼し、自社スタッフは戦略デザインなどのコア業務に特化する

「NP掛け払い」はBtoBのビジネスモデル全てがターゲットになりえるので、効率化のためにも特定のターゲットに注力したマーケティングを心がけています。

また、決済の導入までには弊社やお客様の社内外での調整が多いため、リードタイムが長くなりがち。インサイドセールスに、できるだけ導入意欲のあるリードを連携できるようにしています。

「NP掛け払い」を成長させていくためには、成長戦略のデザインが欠かせません。自社スタッフが戦略デザインの設計に集中し、実際の運用には外部パートナーの力をお借りする必要があります。

ブランディングテクノロジーとの取引前の課題と選んだ理由

平井当時はちょうどWeb広告などのリードジェネレーションだけでなく、コーポレートブランディングやPRなどのマーケティンググループが担う領域が広がり、人数が増加している時期でした。 その中でもWeb広告は専門性の求められる領域です。少人数であれば全員で実行することも可能ですが、一定の規模を超えてくると属人化してしまい非効率になる懸念を抱えていたのでアウトソースを検討していました。

平井ブランディングテクノロジーさんを選んだ理由はいくつかありますが、会社としての規模感が当社とマッチしていたことが決め手となりました。
やはり規模感が近いと施策のスピード感や、マーケティングの課題に対して提案いただける施策のマッチ度合いが高く、恊働しやすいですね。

後払い決済の先駆けとしてスタートした当社ですが、市場の変化やお客様のニーズに合わせて柔軟なサービスを展開してきました。2019年度には、BtoC後払い決済における累計取引件数が2億件、BtoB後払い決済における累計利用企業数は260万社を突破し、順調な成長曲線を描けています。

今後の「NP掛け払い」の成長を見据えると、「作業としての広告運用やマーケティング施策」を依頼する関係ではなく、一緒にサービスを成長させる戦略を描いていける「パートナー」を求めていました。

ブランディングテクノロジーの広告運用の成果

「CPA減少」「認知向上」…。順調に成果が出てきている

平井ブランディングテクノロジーさんに広告の運用を依頼し、CPAは順調に減額傾向に進んでいます。お取り引きをはじめて数年は経過していますが、効率的な運用ができていると、数値的にも実感的にも成果が表れていますね。

それに、自社スタッフが広告運用の実行から離れ、戦略デザインに集中できるようになったのも大きな成果ですね。よりコアな戦略に特化できますし、マーケティンググループの体制が強化できました。

これは数値では測れない部分かもしれませんが、「NP掛け払い」の成長にとって大きなメリットのはずです。

デジタルマーケティングだけでなく、コンサルティングまで

平井広告運用などのデジタルマーケティング領域だけでなく、LP(ランディングページ)の改善提案をしてくれたりと、コンサルティング領域もサポートいただいています。

デジタルマーケティング事業からブランド事業まで、幅広い事業を展開しているブランディングテクノロジーさんだけあって、総合的な提案をいただけるので助かっています。

相談の連絡をしてからのレスポンスもすごく早いですし、スピード感を大切にする当社との相性はすごくいいですね!

今後の展開について

ブランディングテクノロジーと一緒にマーケティングミックスを行いたい

平井今では「NP掛け払い」だけでなく、「NP後払い」「atone」もブランディングテクノロジーさんと一緒に運用を行っています。

当社のサービスを横断的にご支援いただていているので、ノウハウやナレッジが蓄積されてきました。次はノウハウやナレッジを活かして、ブランディングテクノロジーさんと当社や当社サービスの中長期的なビジョンをディスカッションしながら、さらに戦略を深めていきたいですね。

「一緒に成長してくれるパートナー」として活躍してくれている

平井ブランディングテクノロジーさんのご尽力もあり、ようやく認知獲得戦術からナーチャリング施策までの一気通貫体制ができたので、今後はマーケティングミックスに注力していくつもりです。

ブランディングテクノロジーさんを選んだ理由として、「一緒に成長してくれるパートナーかどうか」という点を挙げましたが、まさに成長に欠かせないパートナーとして活躍いただいていますね。

これからもブランディングテクノロジーさんに期待したいです!

本記事をお読みいただき、ご興味いただいた方はお気軽にお問い合わせください。
貴社のご状況に合わせて最適なご提案をさせていただきます。

お電話でのお問い合わせ(受付時間 平日10:00~18:00)
tel:03-6455-3110

デジタルマーケティング支援について 

DATA事例データ
URL
https://corp.netprotections.com/
業界・業種
その他
ソリューション
リスティング・ディスプレイ広告 / Webコンサルティング